ジョハリの窓 | 自己理解と円滑なコミュニケーションのために

ジョハリの窓とは

ジョハリの窓という言葉をご存知でしょうか。

1955年にアメリカの心理学者によって提唱された理論です。

とはいってもジョハリさんという人ではありません。

ジョセフ・ルフトという人と、ハリー・インガムという人の名前を組み合わせたものです。

まず自分の性格を以下の4つに分類します。

1、自分が知っており、他人も知っている領域 ・・・ 開放
2、自分は知っており、他人は知らない領域 ・・・ 隠蔽
3、自分は知らないが、他人が知っている領域 ・・・ 盲点
4、自分が知らず、他人も知らない領域 ・・・ 未知

ジョハリの窓

開放領域が広ければ広いほど、

そして未知の領域が狭ければ狭いほど、

自己理解が広がり人間関係のコミュニケーションが円滑に進むと言われています。

ジョハリの窓とは、その可視化のためのツールと言えます。

ちなみにこの4の領域ですが、2の領域、3の領域と相関性があります。

意図的に4の領域だけを狭めることは出来ません

自分が知らない自分を知った、

相手に自分の気持ちを話した、

その結果として、未知の領域が狭まります。

下記の画像のような具合です。

どうしてこれが自己理解や人間関係の円滑さにつながるのか、

そんなお話をしていきたいと思います。

ジョハリの窓2

隠蔽領域が狭いと、人間関係がスムーズに進む

自分の性格を隠蔽するということは、

自分を偽ってコミュニケーションを取るということです。

例えば「人の多いところが嫌い」とすると、

「みんなでカラオケに行こう」という誘いは「うん!」と承諾するものの、

結果的につまらなくて浮かない顔をしてしまう。

周りからしたら、「どうして浮かない顔をしているんだろう」となってしまいます。

悲しい

人を嫌な気分にさせないために、

極力人に合わせようという意識が、日本人には特に多く見受けられます。

しかし、最終的には自分にも相手にも嘘をついていることになり、

お互いのコミュニケーションがうまくいきません。

カラオケの例でいえば、周りからしたら、「『うん!(行く)』って言ったよね・・・?」

「どうしてこんなにつまらなそうな顔をしているんだろう・・・?」

「ひょっとして誘わない方が良かったのかな?」

「誘って悪い気分にさせちゃうなら、今度からカラオケも食事も、誘うのやめようかな・・・」

という気持ちにさせてしまいますよね。

オープンな気持ちを隠すことは、相手に要らぬ想像力を働かせて、気を遣わせてしまいます

結果的に、ドンドン自分が望んでいない方向へ、自分で自分の人生を導いてしまっている、という事も珍しくありません。

本当の自分を打ち明けること、これを自己開示と言いますが、

自己開示には返報性(与えた分、返ってくる)があり、自分が本当のことを話さなければ

相手も本当のことを話してくれません。

これでは隠蔽領域が狭まらず、負のスパイラルに陥ります。

盲点領域が広いと、自己理解が進む

盲点領域の広げ方はただ一つ、

人からのフィードバックを素直に受け止めることです。

気づきの壁 の記事でも触れている通りです。

健全なプライドを持とうをの記事でも取り上げていますね。

それが良い・悪いは置いておくとして、まずはありのままの自分を受け止めましょう。

すると自分に対する理解が進みます。

少し私の話をします。

私が社会人になって初めて社外の研修を受けた時のことです。

6人で1つのグループを作って、1人ずつ順番に、残りの5人から長所短所を指摘される、という時間がありました。

その時に、何と5人から同じ短所を指摘されたのです。

それは、「人の話を聴いていない」「説明が分かりにくい」の2点でした。

正直、1人に言われたらスルーしてたと思います(おいおい・・・笑)

でも5人から同じことを言われて、これは受け止めざるを得ませんでしたし、

周りから見たら、自分ってそんな風に見えてるんだ・・・」と、衝撃的な経験をしました。

素直に人の話を受け止めることは、隠蔽領域の縮小にもつながりますね。

自己受容が出来るようになってはじめて、他者受容もできるようになります。

盲点領域の広げ方は、ただそれだけです。

注意しなければならないのは、

反発をしたり、ふてくされたりしないことです。

相手にフィードバックをする側にも、かなりの勇気がいります。

相手が勇気を出してフィードバックをしてくれた、その事実に対して、

反発したりふてくされる態度を取ったら、

もう2度とフィードバックをしてもらえることは無くなってしまいます。

まとめ

隠蔽領域を狭めた分だけ、盲点領域を狭めた分だけ、

開放領域が広がります。結果的に未知の領域が狭まります。

この4領域は相関しあっており、コミュニケーションを円滑にするためにも超重要です。

上で述べたとおりですが、自分は社外研修で、

「人の話を聴いていない」「説明が分かりにくい」という新しい自分に出会いました。

同時に二十数年生きてきて、初めて知る「周りから見た自分像」に興味を持ちました。

その経験から、社内の人、社外の人、出会う人には必ず、

「俺ってどんな人間に見えてます?」と尋ねるようにしていました。

今思えば、盲点領域を狭める活動を、無意識にガンガン行っていましたね。

そうすると逆に「私はどんな人間に見えますか?」と質問されることも多く、

その時は率直に、自分が感じたことをそのまま伝えるようにしていました。

これも、自分の気持ちをオープンにする、隠蔽領域を狭める活動と言えます。

1年もしないうちに、「本当に良く話を聴いてくれる人」という印象を頂けるまでに自分を変化させることが出来ました。

気付けば社内外の様々な人から相談をされる機会が増え、

今では携帯電話が鳴りやまない日も珍しくありません。

ジョハリの窓、これはあくまできっかけの1つですが、有効に活用して、スムーズな人間関係を構築する良いツールになります。

自己開示や素直さ、いずれも勇気のいる事ですが、

その一歩を踏み出すことが、社会人生活を送る上でとっても大切なことになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*