【先輩×後輩トーク】人生を安定させるコツとは


ねぇKくん。君はどんな人生を送りたい?


どうしたんですか?僕は「安定」した人生がいいです。


そうよね。私も「安定」がいいわ。でも最近「安定」を勘違いした応募者が多くて困っちゃって。


まぁデカい会社入って、毎月決まった給料もらって、歳とったら昇進して昇給して~って感じがいいっすよね。


ああ、あなたも残念な勘違い君なのね。ちょうどいい機会だから教えてあげるわ。


まずは、これを見てごらん。これこれ


げ・・・コレ、経営破綻した大企業のリストじゃないっすか。あの有名企業まで・・・


 そうよ。大企業に入って一生安泰・・・と思ったら、会社が急に潰れるなんてザラにあるってことね。
バブルの時代はとっくに終わったのに、バブル期を生き抜いてきたお父さん・お母さんは口を揃えて「大企業に入りなさい」って言うのよ。
だから今の子たちも「大きい会社に入れば大丈夫」って言うのを常識だと思っているわ。
でも、もう大企業に入っても安定する世の中じゃないのよ・・・。


それが常識だと思ってました。どうしてこんなことになったんすか?


いかに「常識」なんてウソにまみれているかわかるわね。
日本っていう国はね、「利権国家」って言われるほどなのよ。
たいして仕事をしていない年だけとった偉い人が、会社のトップに居座り続けて、同じことを繰り返し行う。 でもその年寄りが育ってきた時代と違って、今は国際競争の時代なのよ。そこで勝ち残れなくなってしまうのね。


確かにちょっと前は、携帯電話といえばNEC、TOSHIBA、SONY、SHARP、PANASONICって日本のメーカーが主流でしたけど、
今やほとんどiphoneになっちゃっいましたねぇ。iphoneの方が便利だから、僕もiphone使ってるッスけどね。


うん私もよ。国内じゃなくて、世界中に全く新しい「価値」を提供する企業が生き残る時代なのね。残念ながら日本はそういう意味で、国際競争力のある会社はほとんどないわ。だから、日本の大企業はどんどん潰れていっている。もう捕まっちゃったけど、日産の社長が外国人なのも頷けるでしょう?マクドナルドもそうだったわね。


「安定」=「大企業」っていうのは、バブル期の遺産なんですね。


 そうよ。何をやっても儲かったのがバブル期、だから資金力の大きい会社ほど儲けも大きくて、安定するって言われていただけなのよ。


 じゃあ、今はどうしたら安定するんすか? まさか中小企業を狙えなんて言わないっすよね・・・?


 言うわけないだろお前バカかよwww 中小企業なんて、100社あったら10年後生き残ってる企業数どれくらいだと思うの?


考えたこともないっすけど・・・半分くらいっすかね?


いや、統計上、100社あったら10年生き残れる企業はたったの5%、だから5社よ。
別にウチの会社も例外ではないわ。


げ!ヤバいじゃないっすか!!じゃあ僕は将来どうしたらいいんですか!


だから、大企業に入るだとか、中小企業に入るだとか、「会社が安定させてくれる」っていう発想自体がクソだってことよ。
ある日突然会社が潰れて、社会に放り出されるってことは、誰にでも普通に起こりうるってことよ。


で、その時に社会人は2種類の人間に別れるの。
どこの面接に行っても「ゼヒ入ってください!」って言われる人と、面接に落ち続けて「要らない人」の烙印を押される人。
「要らない人」はドンドン理想が下がっていって、最終的に「働ければどこでもいい」みたいな考え方になるわね。


そんな・・・ じゃあどうしたら「仕事を選べる人」になれるんですか?


それは、今いる環境で「選ばれる人間」になるしかないわ。
「経験・実績をもとに、○○といえば○○さん」になれれば、それはよその環境に行っても通用するから。


んー どういうことですか?難しくてわかんないっす。


プロスポーツの選手と一緒よ。
本田圭佑選手なんて、名古屋グランパスから海外へ行って、VVVフェンローからCSKAモスクワ、ACミランからのメルボルンビクトリー、全部指名されて移籍しているわよね。
現役を引退してもビジネスもやれるし、指導者にもなれるし、解説者なんかでも引っ張りだこでしょうね。


なるほどー 優秀な人はどこに行っても必要とされる、つまり今いる環境でも必要とされるってことですね!


そうよ。やっとわかったわね。つまり安定するには、会社の大小じゃなくて、今いる環境で能力をため、実績を出し、指名される人間になることね。


なるほどなるほど。でもこれは大人になってからの話で、子どもたちには必要ない話っすよね?


K君・・・あなたは本当にバカね。K君っったら。バカなんだから本当に。子どもたちにとって、今いる場所=学校でしょ。ここで能力をため(=勉強)て、実績(=テストの点数)を出せない奴が、
どうして社会に出て活躍できるのよ?



あははー 確かにその通りっすね。


勉強なんて努力量が結果に直結する世界で勝負できない子が、努力量と結果が結びつきにくい世界で結果なんか出せないわ。


わかりました。子どもたちには目の前のことに集中させることで、「結果を出すコツ」を教えていけるようにします!


いい心がけね。まずあなた自身が結果が出せる人間じゃないと説得力もクソもないから、あなたもお仕事精一杯頑張るのよ。


あざっす!わかりやしたーー!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*